葬儀後の四十九日法要の引き出物について

忌明けを意味する葬儀後の四十九日法要での準備の一つとして、引き出物があります。参列者にお渡しをするにあたってのマナーなどをご紹介いたします。のしの書き方ですが、粗供養と表面に記しまして、下段に施主の性を書きます。その際に、薄墨ではなく真っ黒の炭で書きます。通販などで予めのしを印字などを用意されている場合にも、出来るだけ濃い黒色にて印刷してもらいます。

四十九日法要での引き出物は、石鹸・洗剤などの実用品が及びお菓子などの食品が一般的です。概ね葬儀の時と同じですが、忌明けの際には消え物が多く食器などは不向きです。引き出物の金額は、香典としていただいた半分程度が一般的です。食事に出席されない方には、予算を増やしてお渡ししても問題ありません。

また、他の人と異なる場合の引き出物の渡し方をご紹介いたします。間違いがないよう、お渡しする前まで、付箋などでわかるようにすると良いです。僧侶や夫婦で法要に参加された方など、それぞれ金額も異なります。

地域によってですが、関西では黄白饅頭、関東圏では緑白饅頭を、弔事用和菓子としてお渡しする風習があります。葬儀の時と使用する品は似ていますが、違うものをお渡ししましょう。お渡しの際に事故が無いように準備も必要です。