葬儀後の神道での忌明け法要について

神道においての、葬儀後の忌明け行事について紹介をします。

まず、仏式の四十九日法要に当てはまる行事としては、五十日祭があります。この行事は、神官の他に、親族・知人などを招いて行います。一般的には、参列者様に食事を振る舞い、この日のうちに納骨をします。最近では五十日祭の翌日に納骨を行う親族が多くなっています。命日から百日目に行う儀式は、百日祭と呼ばれるものです。こちらも、神官の他に親族・知人などを招き、盛大に執り行われます。

次に、仏式での年次法要と同じ意味を持つ、式年祭について紹介をします。一年目を一年祭、二年目を二年祭といい、順番に行うものとなっています。満五十年目の五十年祭にて弔いあげとなることが特徴です。その他の特徴としては、命日の前後の休日に合わせて行っても問題ないということです。地域によっても、やり方が異なる場合があります。わからないことや不明な点は、代表者に確認をとってみるのがおすすめです。

神道での葬儀後の忌明け行事についてですが、一年目までは盛大に行い、概ね二年目以降は親族のみで行います。仏式と異なる点は、五十年祭で弔いあげとなることです。このように、神道では葬儀後に行う忌明け行事がたくさんあります。